OFFICIAL HOME

求める薬剤師像

クリエイティブファーマシスト

クリエイティブファーマシスト・・・仕事に領域において自ら問題を発見し、考え、行動し、結果を導きだすアクティブな薬剤師です。

2010年に療担薬担の一部改正が行われ、これまでの製品名による調剤から成分名での調剤が可能になり、薬剤師の裁量権が大幅に認められました。これは画期的な出来事であり、薬剤師にとって大変喜ばしいやりがいを感ずる改訂でした。しかし職能領域と存在意義がアップした反面、責任もそれだけ重くなったわけです。喜んでばかりではいられません。果たすべき業務がより高次へより専門化するということであり、当然の事としてこれまでのような資格を持っていればと云う時代ではなくなってきたのです。

これからの薬剤師は、患者さまのバイタルサインを把握し、専門家としてのフィジカルアセスメントを踏まえ、薬学的な服薬指導や医師との医療連携による薬物療法のプランの提案・実施、強いては服薬環境のケアなど、患者さまのQOLに結びつく総合的な問題解決を目指すクリエイティビティが不可欠になります。何の努力もしないモチベーションの低い薬剤師は、ふるいにかけられ淘汰されてゆくでしょう。だからこそ、自ら行動し新たな試みを創造しうる薬剤師が求められているのです。予防に貢献するメディカルファーマシスト、プロフェッショナルナーシングをイメージしたプロフェッショナルケミスト、クリニカルプシコロジストに夢を馳せるメンタルクリニカルファーマシストなど、新造語にイメージを重ね志を膨らませ発展向上させる、そんな薬剤師もクリエイティブファーマシストであり、理想の薬剤師像としてファーマシーエクスプレスは描いています。

ファーマシーエクスプレスでの仕事領域と将来性

薬剤師を取り巻く環境は今、急速に変化しています。熾烈化する業界の競争・再編、療担薬担の明確化による薬剤師の職務領域拡大など、薬剤師の在り方や資質も大きく変わろうとしています。言い換えれば、これまでのように資格という盾に守られていた薬剤師の土台は崩れかかっているのです。しかし反面、薬剤師だからこそ持ち得る知識とノウハウを活かして新しい領域へ踏み込んでいけば、その役割と可能性を拡げる大きな機会であるといえるのです。

調剤薬局は専門知識に裏打ちされたスキルと能力を発揮できる職場です。たとえばマネジメントの領域。店舗運営、広報、情報システム、トレーナーといった業務セクションを始め、経営企画、スーパーバイザー、マーケティング、店舗開発などの戦略セクションまで、成長戦略を採り出店展開を図るファーマシーエクスプレスにとって必要不可欠なセクションです。そこでの活躍も薬剤師にとって新しい価値観を生み出していく場となることでしょう。


OFFICIAL HOMEアクセス